WEB会議の活用法について

  • WEB会議で遠隔地の社員と話し合う

    • たとえば本社が東京にあり、支社が山口県にあるとすると会議を頻繁に行うことはできません。


      どちらかの社員が出張していくしかありませんが、経費の関係でいける人数も回数も限られてきます。

      会議やミーティングは話し合いの重要な機会です。

      本社と支社と共同のプロジェクトを進めているなら、密接に連絡を取り合う必要があります。
      話し合いの場がないと問題が起こることもあります。



      そうしたことを避けるにはWEB会議が効果的です。



      WEB会議ならお互いが出かける必要もありません。

      地元にいながら遠隔地の社員と話し合うことができます。

      これにより交通費の節約になります。



      インターネット環境さえあればいつでもWEB会議ができます。

      最初は慣れないかもしれません。



      機械に向かって話しているように感じることもあります。

      WEB会議をスムーズに進めるには、安定した回線が必要です。

      また性能の良いカメラやマイクも大切です。できるだけ実際に会っている状態には近づけたほうが効果的です。



      さらには会議の前に参加者全員が、テーマや意図をはっきり理解しておく必要があります。



      なぜなら画面を通してのコミュニケーションは実際に会って話している時よりも若干のズレがあるからです。



      ズレというのは時間のことではなく、雰囲気や微妙なニュアンスを伝えるのにわずかな距離感の違いがあるという意味です。



      ですから実際の会議以上にはっきりと意見を言うことがポイントです。
      また相手の話をよく聞いて、要点をつかむようにすることも求められます。

  • 関連リンク

    • たとえば本社が東京にあり、支社が山口県にあるとすると会議を頻繁に行うことはできません。どちらかの社員が出張していくしかありませんが、経費の関係でいける人数も回数も限られてきます。...

    • 日本全国に支社がある企業が会議を開くとなると、それだけで多くのコストが発生することになりますがその中でも特に大きなものが移動にかかるコストになります。利便性の面から東京で会議を開くにしても、札幌や九州から参加をするとなると飛行機代だけでも相当な金額となってしまうことになります。...